研修会 報告

i1月26日(土)神奈川県庁第二分庁舎で県保健福祉局が主催した「平成29年度神奈川県地域災害医療コーディネート研修」に参加した。県内8市の保健所、医師会等の医療関係者が地域のテーブルに分かれそれぞれに災害医療ACT研究所スタッフ(医師、薬剤師、放射線技師、医療事務祝職等)が付き災害想定の模擬訓練を行った。
災害負傷者の救命・救助に対する専門職の対応を垣間見ることが出来た。途中、ACTスタッフによる災害拠点病院を想定した模擬寸劇があり、役割や連携・判断の重要な点を学ぶことが出来た。

本市においては、有事の際に医師会、歯科医師会、薬剤師会の連携が実行型になるよう日頃から協議会を実施しておくことは重要であると思った。日常からの地域の様子を意識した行動が有効に働いてくる。避難路、避難場所への誘導と一時避難所での指揮系統が混乱を招かないよう訓練も必要になってくる。毎年開催される訓練の取り組み見直しと拡充が求められると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック