見えない恐ろしい敵 新型コロナウイルス感染に思う

4月7日に政府は、「緊急事態宣言」を発出した。 7都府県にわたる大都市部が発表されその後、愛知県や京都府も独自に宣言を出すことになった。 世の中、経済が大混乱をおこし、戦後最大の国難である。 WHO支援を止める大国が出てきた。そのことをしなければならない状況にあるのだろうか? 責任転嫁を止め、世界中でこの見えない敵に屈す…
コメント:0

続きを読むread more

会派調査 報告

2月6日~7日、パシフィコ横浜Dホールにて第24回「震災対策技術展」横浜が開催され6日に視察した。 「震災対策技術展」は、震災対策・自然対策に焦点を当てた国内最大規模の展示会であり、6月には大阪で開催される予定とのこと。 展示会では、地震対策をはじめとして、台風、集中ゲリラ豪雨、土石流、洪水、津波等の自然災害対策に関する製品・技術・…
コメント:0

続きを読むread more

議運視察 報告

11月11日~12日かけて議会運営委員会として、大阪府門真市、堺市を訪問視察した。 ●11日(月) 門真市 テーマ:タブレット端末の導入について  今回、このテーマで視察を始めて受けいれたとのことで事務方は緊張されていた。その背景からか議会局による説明と思いきや、正副議長も参加して事務方と利用側の双方から聞き取れる内容となっ…
コメント:0

続きを読むread more

研究フオーラム 報告

令和元年10月30日~31日にかけ、公明ひらつか会派として「第14回全国市議会議長会研究フオーラムin高知」に参加した。 会場は、高知ぢばさんセンター。大会テーマは、議会活性化のための船中八策であった。 10月30日 第1日目 主催者挨拶があり、基調講演は東工大の中島武志教授「現代政治のマトリクス―リベラル保守という可能性」を…
コメント:0

続きを読むread more

セミナー 報告

地方議会総合研究所が主催するセミナーに参加した。 テーマは「公共資産の可能性」である。 内容は,官民が連携した公共資産の利活用でまちの活性化を目指している各地でのPPP/.PFI事例を挙げ、工夫を凝らした取組の解説を受けた。 最近は、特例市だけでなく市町へのシフト即ち、大型事業から小型化した官民連携の展開事例が多い。成功事例となっ…
コメント:0

続きを読むread more

会派視察 報告

8月9日(金) 会派視察 三重県鳥羽市バリアフリー観光について  伊勢志摩バリアフリーセンターに伺い、講義説明を受けた。 センターは、国内初のバリアフリーの宿泊先紹介、観光案内、旅行のアドバイスを常駐で行っているNPO法人で、「身体が不自由な観光客の視点」の基「いけるところ」より「いきたいところ」へ「行ける」を活動の基調にして…
コメント:0

続きを読むread more

会派視察 報告

7月29日(月) ユニバーサルビーチについて 車いすユーザー向けに鎌倉の観光情報を提供しているNPO法人湘南バリアフリーツアーセンターを訪問視察し,法人理事長とお話する機会となった。車いすで行けることは高齢者屋子どもでも安心して楽しめる、だれもが鎌倉を満喫できるようになればという。 支援は相談窓口や、車いすでの店や観光施設…
コメント:0

続きを読むread more

会派視察 報告

7月24日(水)~26日(金)、公明ひらつかとして北海道へ2泊3日の会派視察を実施した。 24日(水) ★岩見沢市生活サポートセンター りんくの取り組みについて 平成27年4月生活困窮者自立支援制度が始まり、りんくは厚労省モデルとして平成25年からスタートさせている。 この制度は、相談支援・就労支援だけでなく、支援対象者と関…
コメント:0

続きを読むread more

会派視察 報告

5月22日~24日まで東京ビックサイト西3ホールで第23回自治体総合フェア2019が開催され、23日に参加した。 今回の全体テーマは「地域で創り、育み、守る~そして、活力ある地域社会へ~」であった。  私たちの自治体には、これまで経験したことがない難問が押し寄せてきている。少子高齢化・人口構造の変化によって市場規模の縮小や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行政視察 報告

環境厚生常任委員会視察の報告 日  時:平成30年7月11日~12日 1泊2日 視察先:11日福島県伊達市、12日宮城県仙台市  まず、「平成30年7月豪雨」による、犠牲の方々に心よりお悔みを申し上げるとともに被災された多くの皆様にお見舞い申し上げます。また、一日も早い復旧・復興を望みます。 1、伊達市テーマ 「健幸都市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会派視察 報告

7月2日~4日にかけて、今治市、尾道市、岡山市を会派視察した。 ●7月2日 今治市役所「いまばりサイクリングシティ構想」について この構想は、今治市を主体とした広域観光推進計画であり地域再生計画の核となる位置付を意味している。特に、瀬戸内しまなみ海道ルートは「サイクリストの聖地」としてのブランドイメージが一層定着しており、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミナー 報告

地方議員研究会のセミナーに参加した。 研修1では、 防災・減災と議員の役割と題して、自治体幹部を経験された自治体経営コンサルタントからは、権限は無いものの地域・地区の代表として「議員は防災の伝道師であってほしい」とあった。 講師から、議会・議員としての役割と題して  ①あなたは地震や台風・大雨の時に自分の命を100%守れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議員連盟研修会 報告

衆議院第2議員会館の多目的会議室にて、全国災害ボランティア議員連盟(災ボラ)主催の研修会に参加した。 (災ボラ)議員連盟は、国・県・市・町における超党派議員からなる構成により、これまでも災害現場における実地研修と座学を並行して研修を展開している。 本研修会1では、福井豪雪の取り組み事例報告があった。近年にない大雪災害で埋まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会派視察 報告

★前橋市「フードバンク」について  本日、前橋市のフードバンク前橋を会派視察した。 フードバンクの活動は、平成29年6月より業務開始され、NPO法人と委託方式で結ばれ事業展開されている。 パンフレットによると「発生した食品ロスを地域の人の手により地域の必要とされる方々へ届ける「フードバンクの地産地消」を目指しているとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研修会 報告

i1月26日(土)神奈川県庁第二分庁舎で県保健福祉局が主催した「平成29年度神奈川県地域災害医療コーディネート研修」に参加した。県内8市の保健所、医師会等の医療関係者が地域のテーブルに分かれそれぞれに災害医療ACT研究所スタッフ(医師、薬剤師、放射線技師、医療事務祝職等)が付き災害想定の模擬訓練を行った。 災害負傷者の救命・救助に対す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研修会 報告

平成29年11月9日から10日の二日間かけて、第79回全国都市問題会議が沖縄県那覇市にある県立武道館で開催され参加した。9日の開会式が9時30分からのため前日から那覇入りした。 本年テーマは、「人がつなぐ都市の魅力と地域の創生戦略―新しい風をつかむまちづくりー」である。本会議のテーマにある人の動きを見ると、訪日外国人(インバウンド)が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行政視察 報告

議会運営委員会行政視察(平成29年10月31日~11月1日) 平成29年10月31日 茨城県水戸市「議会運営について」 水戸市議会の議員定数は、条例定数による平成23年改選から人口1万に対して1名の議員を選出して28名体制になった。(これまでは定数30) ここでは会派制をとり所属議員3人以上で、代表質問、代表者会議の対象。代表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミナー 報告

 全国自治体病院経営都市議会協議会が主催する第13回地域医療政策セミナーに参加した。事例報告は、美濃市立病院で人口約22000人で唯一の病床を持つ公的病院で平成15年に新築移転したが、この年の医業収益比率は前年度比-21,4%の82,4%、経常損益も-4億8000万円という危機的な状況であったが病院を持続させるため,従来、病院と診療所は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行政視察 報告

都市建設常任員会行政視察(平成29年10月23日から24日) 平成29年10月23日(月) 愛知県安城市「中心市街地整備事業について」 前日からの超特大台風21号の影響を受け在来線等のダイヤが乱れ遅れながらも安城市の行政視察が実施できましたことに関係各位に感謝・御礼申し上げる。 安城市は、名古屋駅から25分の位置にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会派調査 報告

8月8日から10日にかけて、会派公明ひらつかで九州方面の調査視察を実施した。 8日(火)熊本市 テーマは「熊本地震 道路jの復旧状況」について 昨年、熊本で4月14日に前震、16日の本震で観測史上初となる震度7が2回発生した現場を調査した。 空路で熊本入り。熊本空港そのもが被害が著しい益城町にある。熊本市役所の前に益城町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研修会 報告

★地方議員研究会講座  「地域福祉政策の立案に向けて」~地方議員がいま取むべき課題 基礎編~のテーマ研修会に参加した。    今回は、地域福祉政策の課題と行政の役割について研修を受けた。 具体的には、地域包括ケアシステムや国民健康保険制度の理解と今後の進め方について、地域包括ケアシステムは、持続可能な社会保障制度の確立のため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「未来をつなぐ これからの公共施設 」 シンポジウム報告

近年、やたらと多くなったシンポや勉強会のテーマに、 公共施設の老朽化対策や人口減少による公共サービスの見直しがある。 今回のシンポジウムもその一端、国内的にみても喫緊の課題でどちらの行政も頭が痛い実現化である。 本日、地方紙版の情報から小田原市で公共施設の在り方を考える一部・二部形式のシンポジウムの記事掲載があり参加した次第。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 地方議員研究会セミナー 受講報告

平成29年7月26日(水)八重洲にて 地方議員研究会セミナー「公共施設の再編問題とコンパクトシティ」を受講した。 これまでに、財政学、FM(ファシリティマネジメント)専門家、経済学、自治体職員などのそれぞれの観点からの講義を受け思うには、公共施設の老朽化に伴う建替えや大規模修繕費用の膨大性を見直し、今後40年先予算立に見合う観点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自治体総合フェア2017 視察報告

平成29年5月26日に自治体総合フェア2017の会場である東京ビックサイトを視察した。企業立地や観光活性化の取組のブースが目立ち企業誘致の多くが特典合戦になっていてマンネリ感が漂っていた。会社機能を移転するだけに行政支援が遅れていて民間にはマッチしにくい状況から脱皮したようには移っていないと思う。もっと、目先にとらわれない支援の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会派調査 幼稚園送迎ステーション 報告

厚木市では、働く子育て家庭への支援として、アミューあつぎ8階の託児室「わたぐも」を活用して、各幼稚園への送迎を行う幼稚園送迎ステーション事業を平成26年5月26日(月)から開始している。 <チラシから> 幼稚園の預かり時間前に子どもをお預かりし、各幼稚園へバス送迎をする。 各幼稚園から.アミューまでバスで送迎し、19時30分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月定例会 報告

3月定例会では、私自身が役員として身を置く自治体の役割に関する質疑をおこなった。 特に、人事については三役(副会長、防犯係、美化推進員)の人選が難航し思うにいかず大きな課題(副会長への負担がおおきすぎる)になっている。 人材の不足で受け手のいない役員不足等、現場の自治会は大変苦労している。 行政運営は自治会組織抜きでは出来ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公共施設シンポジウムから

 新たな公共施設の適正配置、維持管理については、全国的に 深刻な課題になっている。本市では、平塚市公共施設白書を改 訂を策定し今後10年間で公共施設の延床面積総量を4%相当削 減する目標を掲げている。さらに、目標達成のための再編に取 組む平塚市公共施設再編計画を策定している。とりあえず、計 画はできてきたが総量縮減という「総論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議員連盟研修 報告

 平成29年1月31日より船中前泊して2月2日までの期間におい て、超党派組織である全国災害ボランティア議員連盟企画主催によ る伊豆大島研修会に参加した。 ここでは、平成25年、伊豆大島を襲った台風26号の大雨による大 規模土砂災害による土石流が発生し、36名の犠牲者と未だに行方 不明3名という大惨事となった復旧現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月定例会 報告

 師走に入り、冬を感じる季節となった。 12月議会は、11月25日から12月20日の期間。 今回は、公明ひらつかの1番手として市長、教育長への総括質問を行った。 1、市長に問う (1)平成29年度予算編成方針から  本市財政見通しで歳入は、法人市民税引き下げで減少するとした。歳出にあっては扶助費が平成24年に200億円を超…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行政研修 報告

第12回地域医療政策セミナー 会場:都市センターコスモスホール 全国市議会議長会が担当し、全国自治体病院経営部都市議会協議会を中心に進められた。北海道砂川市立病院の機能的・経営的改善に向けた事例をレポートする。中空知2次医療圏は過疎地で最も医療充実した地域のひとつ。しかし今後の医療需要は18%減、0-64歳医療需…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行政視察 報告

第11回全国市議会議長会研究フォ―ラムin静岡 会場:グランンシップ大ホール・海 平成28年10月19日(水)~20日(木) 今回は、監視権の活用による議会改革、監視権をいかに行使すべきかという問いからはじめ、二元代表制における首長と議会の在り方、適切な役割分担、内部統制体制、監査機能等をチェックし、政策の有効性やその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会派視察 報告

ネウボラの取組で先進市の和光市を会派視察した。 和光市では、安心・安全な妊娠・出産・子育てを実現するために「わこう版ネウボラ」事業を展開し、妊娠期からの切れ目のない支援に取組んでおり実践的な3本の矢(母子保健相談事業、産後ケア事業、産前産後サポート事業)を実施している。大変に参考になった事例研修となった。  ネウボラ:フィンラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平塚工科校 凱旋報告

 市長への凱旋報告が実現した。OBとしてこの上ない喜びの時を共有させて頂いた次第。 去る、8月我が母校である平塚工科校社会部は、「ソーラーカー鈴鹿2016」のエンジョイⅠ(高校・高専クラス)で未曽有の7連覇を果たした。併せてエンジョイⅡ(学生・社会人クラス)でも6連覇を達成した。 97年からソーラーカーの研究を開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総務・経済常任委員会 報告

 9月度の委員会では、コンビニでの事務取扱(住民票ほか5種類)を始める内容を審議し、賛成多数で可決した。また、農行委員会の委員と新たな農業最適化推進委員の定数を定める条例の改正があり、賛成多数で可決した。 これまで、本庁舎、一部公民館等の窓口で限られていた事務取扱場所を買う題して利用者の利便性を上げサービスの向上に寄与するものであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月定例会 報告

 本日、9月定例会の5日目。午前10時より、公明ひらつか3番手として総括質問を行った。 <質問項目> 1、市民センター耐震補強工事と見附台周辺地区整備事業の方向性 今般、法改正(改正耐震改修)に準ずる築54年の市民センター耐震補強工事に5億円、工期10か月の報告が出され、期待に応えられない施設に予算の必要性はNG、技術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会派視察 報告

平成28年8月15日から17日に掛けて、会派「公明ひらつか」は北陸視察を企画、当初より移動に際し、天候に左右されたが無事に視察を終えた。 ●8月15日(月)小松市施設視察  小松市に向かい、 「サイエンスヒルズこまつ」の中にある「ひとづくりものづくり科学館」を視察させて頂いた。科学館の建設事業費は、国・県の補助金3分の一づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会派視察 報告

7月29日~30日 会派視察した報告をする。 7月29日(金) 青森県八戸市 (1)八戸市健康と福祉のまちづくり条例について           (2)健診受診向上&健康運動・心と体のリフレッシュ推進事業について (1)本条例は、平成19年4月に施行となるが制定背景には少子高齢化、地域の相互扶助機能の低下、新たな地域課題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総務経済常任委員会 視察報告

平成28年7月25日~26日 平成28年度平塚市議会総務経済常任委員会行政視察の報告をする。 7月25日(月) 大阪府岸和田市  岸和田競輪場サイクルピア岸和田BMX 競輪場の有効活用について  岸和田市は、本市と同年(昭和25年)に岸和田競輪場をスタートさせ今日に至っているが他の場に先駆け平成23年度から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平塚市美術館記念展

 平塚市美術館の企画展で開館25周年記念 「華麗なるガラス工芸の世界―ヴェネツィヤアから現代まで」を鑑賞した。 17世紀に制作されたヴェネツィア作品のシャンパングラスはエナメルや 金で華やかに彩られており、グラスの足元には繊細な細工がほどこされ ていた。 ベネチア職人のガラス製造技術は革新的な作品だった。その後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016NEW環境展

   5月27日(金) 東京ビックサイトで2016new環境展が開催され視察した。先日来、本市でプラスチックを油化する特許を持つ企業を表敬訪問したご縁から情報を得ての実現となった。今後の更なる実用研究開発に期待がかかる。エコ、環境にやさしい、廃材再利用等日本の技術力は格段に向上している。参加団体や企業も多くこのことで、小さなもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法記念日街頭

本日、11時より平塚駅頭横浜銀行前で 第69回目となる「憲法記念日」の街頭アピールを実施した。 公明党は、憲法の三原則 「国民主権」「基本的人権の尊重」「恒久平和主義」 を人類の英知ともいうべき、永久に守らなければな らない普遍の原理であると考え、この精神を具現化 した社会を構築すべく、日夜奔走している。 基本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月議会 報告

平成28年度3月第1回定例会 代表質問から 1 市長に問う (1)平成28年度当初予算について (2)まちづくり政策について (3)市民病院について (4)生活弱者支援について 2 育長に問う (1)総合計画に関する考え方 (2)総合教育会議のあり方 こ (3)チーム学校 当初予算は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実践講座研修会 報告

2016冬「地方政治研究」実践講座が東京都豊島区生活産業プラ ザにて開催された。 議員力をアップさせる目的であり様々なテーマの研修がある中、 受講だけでなく参加者が市・町の議員で各行政について動向を 聞かれ全員が発言する時間もある双方向型講座である。 テーマは、子育て支援、安心・安全なまちづくりの内容だった。  今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会派視察 報告

 会派公明ひらつか5名で静岡県三島市立保険センターへ。 「三島市における妊娠・出産包括支援事業及子育て世代包括 支援センターの取り組みについて」(日本版ネウボラ)をテーマ に視察に伺った。 三島市では、昨年度から、子育て世代に対して、専任保健師 (常勤2名)が任産婦らに切れ目のないサポートを展開している。 これまでの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春の催

 平塚市総合体育館地下のある武道場にて平塚弓道 会の「初射会」が開催された。さらに、的場の水引き幕 の入れ替えが行われまさに身の引き締まる立ち合いと なった。会の女性陣が懇請込めた手作りの幕であり出 来栄えに感動した。 宮田融先生(錬士七段)による「研心」の文字が浮かび 上がった。  その後、総合公園の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春 初街頭へ

 平塚駅北口にて新春の初街頭を赤井県議、小笠原市議ととも に行った。同南口では鈴木、伊東、秋沢市議が新年のご挨拶を 行った。ここでは「3K」 即ち、軽減税率、携帯料金の値下げ、高 額医療費支給の金額値下げ昨年選挙の年にあって地方議会で の完全勝利を得て、公明党の実績も大変大きな足跡を残すこと が出来た。 何をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀詞交換会

 平塚商工会議所主催の新年賀詞交換会が湘南ステーション ビルのラスカホールにて地元の財政界370余名を集め盛況の うちに開催された。 今年は、昨年大きな話題となった平塚出身の十両朝弁慶が駆 けつけてくれ大いに場を盛り上げてくれた。彼は平塚からは200 年ぶり、神奈川でも20年ぶりの幕内関の存在であり「今年は勝 ちまく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元旦駅伝大会

平成28年 明けましておめでとうございます! 大変に暖かいお正月となった。  大晴天のもと、第53回目となる旭地区一周元旦駅伝 大会が開催された。 26チームの成人、小中生が13,13キロを走る伝統ある 駅伝大会であり元気な走りで年明けにふさわしい大会 となった。 今年も無事故・大勝利をここ旭の地から発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山北町 視察報告

晩秋の頃、山北の山肌には紅葉中期の葉模様。まもなく紅葉の 最盛期を迎える。 今回、全国初となる子育て支援PFIの事業化なる山北町北側定 住促進住宅(地域有料賃貸住宅)を視察した。 立地は駅前、日当たり良し、住良し、低家賃と三拍子揃った魅力 溢れる事業である。人口1万1千人規模の町に自前では出来得な い住宅建設をB…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第11回地医療施策セミナー

  全国自治体病院経営都議会協議会が主催する第11回地医療施策 セミナーに参加した。これからの地域医療を医療経営視点からどのよ うな戦略・戦術を行う上で何が求められ、誰が担うのかそして何ができ るのかという問いがあった。 講演を通じ「地病地療」というキーワードで締めくくられたがここで各自 治体病院がこの地に残るべ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more