平塚市議会議員  永田よしのり ビクトリーメール

アクセスカウンタ

zoom RSS 「景観法を活用した新しいまちづくり」に参加

<<   作成日時 : 2008/11/15 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

13時30分より、(社)日本建築学会関東支部が主催し、かながわ労働プラザ(石川町)にてシンポジウム「景観法を活用した新しいまちづくり」〜神奈川県内の活用事例に学ぶ〜に参加した。行政職、大学・学生、建築士などのメンバーが集まった。

景観法が制定され3年が経過し、たくさんの活用例が出てきた。実は、神奈川は先進的な事例が多いことが判った。神奈川県は県下の各自治体が景観行政団体になるよう推奨してきた経緯があった。特に、小田原は全国に先駆けて取組み、都市景観審議会も廃止した。鎌倉は古都の保存に取組み、茅ケ崎は市民のまちづくりを生かした景観計画を策定した。そして、横浜は「協働型まちづくり」への試みで、事業者との協議を重視し景観の質を向上させている。各担当(行政マン、大学教授)が30分の時間で取組みを語リ、その後はパネルディスカションになったわけであるが、特徴があり、かなり参考になった。

このようなシンポは継続的に開催し、神奈川から発信すべき項目ではないかと思う。

本市も、まさに景観条例策定の渦中でありひと味もふた味も違った「ひらつか景観」策定を目指したい!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「景観法を活用した新しいまちづくり」に参加 平塚市議会議員  永田よしのり ビクトリーメール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる